世田谷区民相談サイト もっともっとサロン

もっともっとサロンとは

あなたにとって住み続けたい街・世田谷を作るために、気軽に区民相談ができる場が欲しいという声を形にしたのが岡本のぶ子のもっともっとサロンです。あなたの相談から”住み続けたい世田谷区”が実現します。

相談や提案の流れ

相談フォームより、相談の情報を送信します。

受付完了のメールを返信します。5分たっても受付完了メールが来ない場合は、お問い合わせください。

岡本のぶ子からご指定の時間帯に相談内容の確認のお電話をします。

相談フォーム

※迷惑メール対策の設定をしている場合は、「 nobuko-okamoto.com」 からのメールを受信できるよう、設定をしてから入力内容確認ボタンを押してください。

事例紹介

相談事例1

相談

ふれあい子育て事業があるが、なかなかボランティアさんのタイミングがあわず使えない。残業で保育園のお迎え時間に間に合わない時など、困っている。(区民相談)

対応

・平成24年第3回定例会一般質問
保育園や小学校の学童クラブへ子どもの送迎に安心して子どもを預かってもらえる国のファミリー・サポート・センター事業を実施し、子育てと仕事の両立で悩む保護者の不安解消と、子どもの安全を守る地域資源を活用し、子育て世代をしっかり支えていくことを求めてきました。

・答弁
この ファミリーサポートセンター事業につきましては、今後、次期子ども計画の策定に向けて、一時預かり事業のあり方や具体的な実施方法等を検討していく中で整理させていただきたい思います。

結果

・ファミリー・サポートセンター事業が実現しました!(平成27年7月)
朝7時~夜9時まで、赤ちゃんから小学校6年生までの預かりが拡充されました。国の事業を導入したことで、コーディネータが、サービスの必要なお母さんにサービスをつなぐサポートいでくれるようになりました。

相談事例2

相談

子供が、高校卒業と同時に引きこもりになり、親とも食事を一緒にとらず顔もほとんどあわせないまま、20年近く経ってしまった。親も年金暮らしとなり、今後の子供の行く末が心配。(区民相談)

対応

・平成24年第3回定例会一般質問
若者のひきこもり対策を今後区の重要項目に位置づけ、東京都のひきこもり等の若者支援プログラムを活用し、NPOと協働してひきこもり等の総合相談・支援体制を早期に構築すべきと求め続けて来ました。

・答弁
ひきこもりの課題につきましては庁内横の連携が非常に重要と考えておりまして、必要な支援がどのようなものなのか、どのような体制で行うことにするのかを鋭意検討してまいります

結果

・若者ひきこもり総合相談窓口・メルクマールせたがやが実現しました!平成26年9月

相談事例3

相談

食品ロス削減の為に、区がイベント会場で実施しているフードドライブだけでは、限定された日程なので協力するのが難しい。もっと協力しやすく窓口を増やして貰いたい。(区民相談)

対応

・平成28年9月決算特別委員会
フードドライブの常設窓口を区内に複数個所設置し、更に、集められた未使用食品を子ども食堂や多世代食堂などに提供する仕組みを構築することなどを求めました。

・答弁
委員のご提案を受け区民の皆さまのニーズや利便性も考慮し、未使用食品の常時受付を、エコプラザ用賀・リサイクル千歳台の2箇所の普及啓発施設にて試行いたします。また、お話の集めた食品を区内で循環させる仕組みについては、食品の必要な方にお渡しできることが大変重要となりますので、引き渡し方法や役割分担など、具体的な仕組みを構築してまいります。

結果

・フードドライブの常設窓口をエコプラザ用賀とリサイクル千歳台2箇所に開設し、更に届けられた未使用食品を区内の子ども食堂等へ循環させる仕組みの構築が実現しました。(平成29年4月)

相談事例4

相談

母子家庭のお母様より、育児不安があっても時間が無く、行政窓口に相談に行けず孤立感を感じている。(区民相談)

対応

・平成29年2月第一回区議会定例会
区の母子健康情報を早急に電子化し、マイナンバーカードの個人認証機能を活用した母子健康情報サービスの導入を図り、切れ目のない子育て支援の充実に役立てるよう求めました。

・答弁
これまでの行政からの一方向で情報提供するシステムに比べ、子育て中の母親等にとってお子さんの成長記録等をいつでも照会できる安心感と、行政との距離感が縮まることが大いに期待できるのではないかと考えております。ご提案のありましたマイナンバーカードの個人認証を活用した母子健康情報サービスに関しましても課題と認識しつつ、事業のあり方検討してまいります。

結果

・平成30年度から着手される世田谷区情報化事業計画に「世田谷版ネウボラを支える情報システムの構築」が新たに盛り込まれ切れ目の無い子育て支援に向けた政策実現へ一歩前進させることができました。

事例をもっと見る

トップへ戻る

Copyright (c) Nobuko Okamoto. All Rights Reserved.